0から学んでYouTubeの動画を超える

この記事は3分で読めます

SnapCrab_NoName_2015-1-26_23-38-49_No-00

こんばんは。

 

今日は久しぶりのお休みということで、

知り合いが開催したセミナーに参加してきました。

セミナーの内容は、「動画スキル開発」。

 

最近はfacebookやYouTubeなどが普及してきているので、

一般の人でも気軽に動画を撮影して投稿できるようになってきてます。

 

ちょっと次の画像を見てください。

41g6nneAkSL-150x150

これ最近よく街で見かけますよね。

自撮り棒、っていうんですけど、自撮りするときに

自分がかわいく見える位置から撮ることができるというスグレモノ。

 

先日なんばに遊びに行ったとき、

街中でかなりのお姉さん方がこの棒で自撮りを楽しんでおられました。

そこまで自分を撮りたいんだなぁ、

棒の持ち歩きって大変だよなぁ、なんて思っている僕には女子力皆無です(笑)

 

さて。

 

かといって、別に自撮り棒を使って僕の女子力を超えようぜ、という話ではなく、

こうやって手軽にきれいに自分を撮れるようになってきている時代であり、

そしてさらには、スマホ一台あれば

YouTubeに動画をかんたんにアップできる時代になっているんだ、というお話です。

 

動画や映像は別に自撮りやYouTubeのためのものではありません。

 

たとえば歯科医院のサイトをつくるとします。

そのときに医院の雰囲気を患者さんに伝えたい場合、

文章よりも写真を、そして写真よりも動画を、っていうふうに、

サイトにのせられる媒体がどんどん変わっていくと思います。

それだけ簡単にできるようになっているわけなんです。

 

そのときに気を付けないといけないのが、

ただたんに撮影した動画をあげればいいというものではないということ。

 

よくYouTubeで「歌ってみた」ってありますよね。

あれって、本当にうまい人だったらいいんですけど、

かなりの音痴の人も自己満足で上げていたりします。

いやいや、よくそのレベルであげましたね、と。

 

そんな動画見せられても迷惑だし、時間の無駄でしかないんですよ。

 

写真にしろ動画にしろ、人様の時間を割いてみてもらう

という意識を忘れてはいけないんですね。

 

今回はAdobeのPremiere Proを使用してのセミナーだったんですが、

最初のとっつきにくさはあるけども、慣れてしまえば

初心者でもきれいな映像が作れてしまう。

 

しかも知識編の解説で、映像における印象力学的な視点だとか、

撮影時のポイントや注意点、などを教えてもらい、

ケーススタディとしてさまざまな動画やパンフレットの解説もあり、

これって、YouTubeの動画よりクオリティ高いんじゃない??

って冗談抜きに思えるような映像をつくることができました。

 

歯科医師やっていて思うことは、

いまや新しいステージの知識のそ総合化が必要とされる時代になったということです。

 

どういうことか?

 

いままでは歯科的な知識と技術だけでよかった。

それが細分化し専門分野にわかれたことで、各論レベルでの知識の向上がなされた。

今度はそれを高いレベルで統合し、さらに時代背景も考慮すると、

自分で自分を売り出していかない時代になってきているということ。

 

つまり、歯科医師はじめ専門家と言われるような人たちでも、

その専門外の知識、いわゆる自分をマネタイズするような知識や技術までもが

求められるようになってきている、ということだと考えています。

 

そのためには、ありとあらゆることを学んでいかないといけない。

 

自分の専門に固執している人は、どんな国家資格を持っていても苦しい戦いになる。

少なくとも、自分の自由な生き方はできなくなってくるでしょう。

 

専門の人ほど、それ以外のことに目を向けようとしない傾向にあります。

自分の専門領域を聖域化しすぎて、それを突き詰めるあまり、

枠の外に目を向けず、気が付いたらガラパゴス化していた、なんてことが

冗談抜きに怒ってしまうと思っています。

 

動画や映像の技術は奥は深いと思いますが、それでも

ベーシックなレベルなら自分でできるようになっておかないとつらい。

 

ビジネスを自分で構築するための知識は持っている、

そういう状態でないと、今後はどんどん時代に取り残された歯科医師になってしまうだろうし、

そうでない歯科医師はどんどんなくなっていくでしょう。

 

できるだけ自分の力でできるだけの知識や技術を入れていこうと思っています。

みささんも、どんなことでもいいので、

いま自分が取り組んでいること以外で、

自分の業界を飛び越え、多くのものを学んでほしいなと思います。

もちろん、僕もどんどん進化していく予定ですしね。

 

自分の場を世の中に作りだし、自分の場=要塞を作り上げるには、

できるだけ設計も建築も装飾も自分でできた方がいいでしょう。

 

そういった小さなスキルの積み重ねが、

きっと大きな道につながっていくのだと思います。

 

ということで、今日はこれくらいで。

ありがとうございました!

 

「年間1000人の子供の歯を観る」歯科医の伝える講座!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。