人を動かす7つのコツ~希少性~

この記事は1分で読めます


どもども、惇です。

最近、聖闘士星矢にハマってます。

懐かしいですねぇ、昔「ペガサス流星拳!!」とかいって、

友達と遊んでたっけなあ(遠い目)

ってそんなことはどうでもいいですね、

すんませんあせる

今日で7つのコツ、最後になりました。

最後のテーマは「希少性」です。

でははりきってまいりましょー。

…ただはりきるも何も、

「希少性」、これはもうまんまです。

「特別価格はあと○○日です」

「このページは一度しか開くことができません」

みたいなのは見たことがあるでしょう。

もう当たり前の決まり文句的になっていますが、

これが効くんです。

僕なんか、わかっていながら

なんど買ってしまったことかあせる

昔、ファイナルファンタジーⅦというゲームがありました。

中学生の頃、そのカードを夢中で集めたことがあります。

その中には他の普通のカードとは違う、

光り輝くスペシャルカードが4枚ほどあったのですが、

それがなかなか出ない。

それが出るまでひたすら買い続けたものです。

(ちなみにコンプリートしてしまいました(;^_^A)

これに似たような経験は

誰しもあるのではないでしょうか?

この

「手に入りにくいものほど、手に入れたくなる。」

「手に入れる機会が少ないほど、手に入れる機会が貴重に思えてくる」

という性質は、

日常生活のいたるところで取り入れられています。

たとえば

「○○個限定販売。残りあと○○個。」など数量の限定、

「タイムサービス、今だけ半額」みたいな時間制限など。

あなたが何か商品を持っているのであり、

成約率を上げたいのであれば、

これらの希少性の法則を取り入れてみるようにしてください。

「効く」と思います。

「年間1000人の子供の歯を観る」歯科医の伝える講座!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2011 02.13

    質問の答え

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。